Toyota AURIS 関西を駆ける!

関西のドライブ記録

スタビライザーリンク交換せなあかんってよ

12ヶ月点検に出しました。

近所のネッツトヨタ店は、E/Gオイル交換含めて¥5000で点検してくれるので、オイル代をケチる…ではなく、法令で定められているのでしっかり見てもらいました。

 

で、標題の点検結果となりました。

エンジニアは全取っ替えしなあかんと言ってましたが、どーせブッシュのひび割れ・グリス漏れってとこでしょうと思い、ブッシュをamazonで物色…

 

ん?ブッシュだけって見当たらん…

 

もしかして、オーリス用ってスタビリンクのASSYでしか販売されてない?

でも¥5000くらいで買えるなぁ。

 

自分で交換する?ちょっと考え中。

潜水艦ウォッチツアー

国防の要である潜水艦について、軍事マニアでもない限り、この平和な時勢に関心を寄せることはありません。

 

でも、本当にそれでいいの??

 

頭でっかちは空虚ですが、無知はそもそも論外です。

というわけで、知見を広めるために呉まで潜水艦ウォッチに出かけることにしました。

 

<目的地>

モクヒョウ甲:大和ミュージアム

https://yamato-museum.com/

 

モクヒョウ乙:海上自衛隊呉資料館

https://www.jmsdf-kure-museum.go.jp/

 

<本題>

さて、上記目的地に訪問することが目的ではありますが、ドライブの楽しみはやっぱり道中の食事でしょう。

呉の有名なグルメはカレーで、各軍艦でそれぞれ異なるカレーレシピを、呉市街の様々な店舗が各々で再現したものを提供しています。

 

(参考)

https://www.kure-kankou.jp/images/pamphlet/72.pdf

 

上記目的地から市街にある飲食店まで、少々距離があります。

徒歩圏内ではありますが、遠方からきている筆者は、帰宅時間を考慮すると移動時間が惜しい。

そこで…

 

f:id:peshe_momo:20190326232634j:image

折り畳み自転車を積載し、呉市街を爆走じゃあ!

これで大幅に移動時間を短縮できました。

 

f:id:peshe_momo:20190326232938j:image

f:id:peshe_momo:20190326232955j:image

f:id:peshe_momo:20190326233023j:image

というわけで、まずは大和ミュージアムから。

この日は戦艦長門の特別展がありました。

 

f:id:peshe_momo:20190326233122j:image

f:id:peshe_momo:20190326233157j:image

陸奥長門は日本の誇り。

当時の日本では、大和型戦艦は軍事機密のため公ではなく、日本で最初の純国産戦艦となった長門型戦艦が有名であり、当時の国民の誇りだったようです。

今の日本の誇りは…何でしょうね。

恥の概念も無くなった人が日本人を名乗る時代ですし…(以下参照)

f:id:peshe_momo:20190326233533j:image

 

f:id:peshe_momo:20190326233621j:image

次に、戦時中の様子をうかがい知ることのできる資料を閲覧することに。

「灯すな一光、敵機を招く」

灯火管制用の照明のようです。

 

f:id:peshe_momo:20190326233922j:image

おもっきし逆光ですが、九三式魚雷です。

 

f:id:peshe_momo:20190326234511j:image
f:id:peshe_momo:20190326234458j:image
f:id:peshe_momo:20190326234502j:image
f:id:peshe_momo:20190326234506j:image
f:id:peshe_momo:20190326234520j:image
f:id:peshe_momo:20190326234516j:image

 

実は大和ミュージアムに来た最大の目的がコレ。

六二型零戦

前期型の零戦と比較し、武装が重武装化されています。

展示されている零戦は、終戦間際に琵琶湖に不時着した機体を修繕したもの。

 

f:id:peshe_momo:20190326234755j:image
f:id:peshe_momo:20190326234750j:image
f:id:peshe_momo:20190326234759j:image
f:id:peshe_momo:20190326234803j:image

 

昼食は、海軍さんの麦酒館に行きました。

http://www.kurebeer.com/beerkan_top.html

 

潜水艦はくりゅうで出されているカレーを再現しているらしい。

ちなみにお味は海自認定とのこと。

 

隠し味の白桃が効いて、スパイシーだけどほんのり甘くて、なかなか乙なお味です。

米がちょっとやらかいんとちゃうかな。

(固めが好きな筆者)

また、地元のお味噌を使った、鶏皮の味噌煮を合わせて注文しました。

ビール飲みたいわ。

 

f:id:peshe_momo:20190326235342j:image
f:id:peshe_momo:20190326235346j:image
f:id:peshe_momo:20190326235350j:image

 

本命の呉資料館。

ここでもカレーが食べられるのですが、この日は売り切れ。

 

f:id:peshe_momo:20190326235449j:image
f:id:peshe_momo:20190326235459j:image
f:id:peshe_momo:20190326235532j:image
f:id:peshe_momo:20190326235444j:image
f:id:peshe_momo:20190326235519j:image
f:id:peshe_momo:20190326235503j:image
f:id:peshe_momo:20190326235524j:image
f:id:peshe_momo:20190326235515j:image
f:id:peshe_momo:20190326235509j:image
f:id:peshe_momo:20190326235529j:image

 

お目当ての潜水艦ウォッチ。

とにかく狭い。

プライベートは無し同然。

艦長だけ個室。

潜望鏡はマジモンのやつを覗けた。すごい綺麗に見える、意外だった。

こんな環境で何ヶ月も他人と一緒とか、気がおかしくなりそう。

海自隊員の皆さんには脱帽です。

 

というわけで潜水艦ウォッチツアーでした。

新鮮な体験ができ、行ってよかったなと心から思いました。

何より、潜水艦ウォッチがタダでできるという太っ腹っぷりに、日本国の懐の深さを感じます。

 

日本万歳!

 

悪いが俺は休暇だ@白浜で休暇を過ごす

年始から3回ほど休日出勤が重なりました。

アラサーの筆者には、体力的に辛い状況です。

 

 

f:id:peshe_momo:20190225005257j:image

 

 

仕事ばっかりで気が狂いそうになったので、南国で休暇と洒落込みました。

 

<本題>

南国といっても、日本、それも近畿地方における南国こと、南紀白浜へ向かいます。

 

 

f:id:peshe_momo:20190225005626j:image

昼食処。

麺dining月乃家。

http://www.konomise.com/chuki/tsukinoya/

 

阪和道 有田IC下車すぐ。

和歌山は有名なラーメン処ですが、市内は駐車場がなかったり行列必至だったりと、家族連れだと少し躊躇する環境です。

 

この店は都会の喧騒から離れた立地で、かつ駐車場もたっぷり(向かいのスーパーの駐車場ですが…)あります。

 

f:id:peshe_momo:20190225010120j:image

11時過ぎでしたが、すでに満員。

我が家はカウンター席に着きました。

 

f:id:peshe_momo:20190225010158j:image

豚骨醤油ラーメン。

コクのあるスープですが、さらりといただけます。

嫁さん曰く、「上品な味」でした。

一緒に注文した焼飯は…残念な質でした。

(筆者は、基本何でも美味いと感じるバカ舌なのですが…)

 

f:id:peshe_momo:20190225010457j:image

 

宿泊地のラウンジでティータイム。

今回のお宿は、エクシブ白浜アネックスです。

会員制リゾートホテルですが、一般庶民の筆者が会員な訳はなく。

勤めている職場の福利厚生で利用しました。

 

フルサービスの懐石料理、ホテル内の温泉施設入り放題、バーラウンジやフィットネス、プールなども利用できて、4人で3万円ほど。

福利厚生様様です。

 

エクシブ白浜アネックス↓

https://rt-clubnet.jp/hotels/xiv/shira_ax/

 

続:ドライブレコーダーを入れ替えたらさあ大変

拝啓

 

三寒四温の時節、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、先日のエントリーの通り、付け替えたドライブレコーダーを再度切り戻すことを決断しました。

 

切り戻しの結果、現在のドライブレコーダーは、ベンチャークラフト社のpz-72に戻りました。

 

<本題>ベンチャークラフト社純正の、ドライブレコーダー固定用テープを探すが…

 

同社のドライブレコーダー固定用テープは、多少の衝撃ではビクともしない、超強力な両面テープです。

筆者は、この強力な粘着性を持つテープに絶大な信頼を寄せています。

 

前回のドライブレコーダー入れ替え作業の教訓から、ドライブレコーダーは機能よりもシンプルであることを重視すべきであると理解しました。

 

よって、数年後に到来するであろう自動車買い替え時においても、現在のドライブレコーダーを買い替え後車両へ移設することで決心しました。

 

となると、移設後にドライブレコーダーを固定するための固定用テープを準備しておく必要があります。

 

というわけで、ネットの世界で探してみたのですが、なかなか見当たりません。

ベンチャークラフト社HPも見てみましたが、どうも長年ページ更新された様子が感じられません。

 

おかしい…

 

同社HPのネット直販(直販といいつつ、Yahoo!ショッピングamazonを介しての販売だが)リンク先を辿ってみると…

 

Yahoo!ショッピング --> 同社販売ページ閉鎖@2018/11

Amazon --> ドライブレコーダー在庫処分セール中…の雰囲気

 

といった有様で、目的のものは販売されていませんでした。

メルカリ等もしらみつぶしに探しましたが、すでにドライブレコーダーの主流から外れて久しいのか、ドライブレコーダー本体すらも出品がほぼ無い状況でした。

 

固定用テープどころか、製品故障したら一生の終わりでは???

 

やはり最新のドライブレコーダーとの入れ替えを検討すべきなのか…

 

議論が堂々巡りとなる筆者でした。

 

なおpz-72は故障するまで取り付けたままとする予定です。

ドライブレコーダーを入れ替えたらさあ大変

寒風吹き荒む今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

さて、標題の通りドライブレコーダーの入れ替えを先日行いました。

 

これまで、2008年式のドライブレコーダーを筆者父から譲り受けて使用していました。

 

<参考>入れ替え前ドライブレコーダー

メーカー:ベンチャークラフト

モデル:paparazzi pz-72

 

録音機能も日付設定もなく、画質は640x480のSD画質である等、なかなか時代を感じる一品でした。

今回、筆者父が後方の撮影用にと購入したドライブレコーダーについて…

 

筆者父「つけようと思って買ったけど、つけんのめんどいし要らんからあげる」

 

ということで譲り受けたのでした。

 

<参考>入れ替え後ドライブレコーダー

メーカー:comtec

モデル:HDR-101

 

2013年式のちょっと古いモデルですが、録音できるし液晶画面で録画した映像を確認できるし、HD画質でフレームレートも最大30fpsでサクサク動く映像を録画できるし、ワンセグ電波に干渉しないようノイズ対策してあるし、なんて素敵な製品なんでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:peshe_momo:20190127001128j:image

 

 

 

<本題>日付設定に四苦八苦

配線コードをヒィヒィ言いながら内張裏に隠し、なんとか綺麗に取り回すことができました。

電源も入るし、録画もできることを確認したし、最後は各種設定と日付設定して、はいおしまい。

エンジン再始動し、動作確認を兼ねて楽しいドライブへレッツゴー!

 

 

 

 

 

 

ドライブレコーダー「日付設定リセットしといたで。」

 

 

 

 

f:id:peshe_momo:20190127001828j:image

 

 

そうなんです。リセットされちゃうんです。

それも毎回律儀にリセットされちゃうんです。

取説を読むと、どうやら日付設定は当該情報の記録保持用内部バッテリーが空になっている場合リセットされるらしいことが分かりました。

 

ほったら、ちょっとドライブして充電したったらえぇねんな。

 

1時間後…

 

 

 

ドライブレコーダー「日付設定リセットしといたでw」

 

 

 

 

f:id:peshe_momo:20190127002332j:image

 

 

 

 

 

類似事例がないかネット検索すると、「ドライブレコーダー 日付 リセット」なんて用語がgoogleでよく検索されている模様です。

3〜4年で内蔵バッテリーが完全放電してしまい、充電出来なくなった後はエンジン始動の度に日付設定がリセットされるのが通説みたいです。

メーカーへ内蔵バッテリー交換を依頼すると、約¥6000ほどかかるそうです。

 

それって、新品に買い替えたほうがいいんじゃね?

 

さらに調べてみると、昨今はGPS内蔵のドライブレコーダーが販売されていて、当該製品ではGPSが自動で日付補正を行うので上記のような悩みとはおさらばらしい。

 

こんなんじゃ、入れ替え前のドライブレコーダーのほうがシンプルでよかったんじゃぁ…

 

 

と後悔の念に駆られる筆者でした。

 

 

<編集後記>

comtec社HPを見ると、ファームウェアのバージョンアップが行われていました。

http://www.e-comtec.co.jp/taiou/dr_updata/hdr-101/hdr-101.html

 

コムテック「内蔵バッテリー充電不足時の動作を変更」

 

これは、期待出来るかもしれん。

一縷の望みをかけ、ファームウェアのアップデートを行ってみました。

すると…

 

 

 

 

 

 

ドライブレコーダー「日付設定リセットしといたでw」

ドライブレコーダー「リセットしたことに気付きやすいように、メッセージとブザー音でお知らせするでw@30秒間ほど」

ドライブレコーダー「エンジン始動の度にお知らせするでw」

 

 

筆者「なるほど、そうきたか。」

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:peshe_momo:20190127005629j:image

 

 

 

paparazzi pz-72を再度付け直すことにします。

走り納めツーリング

2018/10/27(土)

 

朝晩の空気がひんやりし始めた今日この頃。

バイクで気持ちよく走るのも、そろそろおしまい。

本日をもって2018年のツーリング納めとすることにした。

 

この日は西方面の天気が良いので、岡山へ向かうことに。

 

f:id:peshe_momo:20181027203109j:image

f:id:peshe_momo:20181027203125j:image

f:id:peshe_momo:20181027203258j:image

備前 海の駅
https://goo.gl/maps/z87UgoJmw4L2

 

岡山ブルーライン入り口にある、備前海の駅で小休止。

海産物が勢ぞろい。

刺身好きの筆者のテンションが急上昇。

f:id:peshe_momo:20181027203544j:image

f:id:peshe_momo:20181027203557j:image

f:id:peshe_momo:20181027203613j:image

f:id:peshe_momo:20181027203748j:image

海外の一部の地域では、未会計品を飲食する(退店時に精算)する習慣がある。

当然、日本では未会計品を飲食してはいけない。言わずもがな…のはずであるが、こんな注意書きが必要とは、日本人のモラルが崩壊しているのか…

 

f:id:peshe_momo:20181027204223j:image

f:id:peshe_momo:20181027204235j:image

f:id:peshe_momo:20181027204250j:image

f:id:peshe_momo:20181027204303j:image

f:id:peshe_momo:20181027204315j:image

f:id:peshe_momo:20181027204334j:image

備前長船刀剣の里
https://goo.gl/maps/GNkCKP6j3TP2

 

岡山県備前市は、かの有名な日本刀の名産地。

備前長船刀剣の里で、刀鍛冶職人のお仕事を見学する。

また、現在、四国金刀比羅宮に奉納されている各種日本刀が、隣接する博物館で展覧されていた。

入場料¥500を支払い展覧した。

(写真撮影NGの為写真なし。)

大名が所蔵していた数々の銘刀を見ることができ、良い経験となった。

 

f:id:peshe_momo:20181027230554j:image

ラビット ハウス
https://goo.gl/maps/VGhPHUVvPYC2

(写真はネット上のものを引用してます。NGの場合教えてください)

 

昼食をとった場所。

サイコロステーキを食べた。

味は、The米国産牛肉のステーキといった味で、あっさり肉が好きな私の嗜好に合っていた。

¥1382で120gも肉が食べられるとなると、なかなかのコスパではないだろうか。

 

さて、食事よりも印象に残ったのは、(店主もなかなか個性的な容貌だったが…)食事後に店外で出発の準備をしている時に話しかけてきた老人である。

 

この老人はバックパッカーの風貌をしており、相当数の歯が抜けていて、そしてかなりの悪臭を漂わせていた。一言で言うと、不潔である。

その老人は唐突に「JRの駅(香登駅)への道を教えて欲しい」と尋ねてきたのである。

筆者は地元民ではないので、当然駅への道など知らない(駅が近い事すら知らなかった)のである。

また、コミュ障気味の筆者にとって、このように唐突に行われる質問への対応は非常にストレスを感じる。

 

「ったく、テメェのスマホ(所持しているかどうかは分からないが)でサクッと調べろや」

 

と内心悪態をつきつつ、「いやーこの辺のこと知らんから道分からんわ〜。調べたるからちょい待ってな。」とGoogleMapsで調べ始めるあたり、筆者の根はお人好しなのだろうか?

 

GoogleMapsによると、現在地から東へ500mほどの場所に駅がある模様の旨を伝え、ヘルメットをかぶる仕草を見せてみた。(要件が済んだならさっさと失せろの態度。大変失礼である。)

 

すると老人は、聞いてもいない自己紹介を唐突に始めた。

出身は近畿地方某所で、現在徒歩で日本一周中(最近の時事ネタに共通する点に、一抹の警戒心が芽生えた)で、今は自宅に向かっているなどなど。

そして、自己紹介がひとしきり終わると、今度は筆者のバイクを褒めたり、ナンバープレートを見て出身地が何処かと聞いてみたりと、コミュニケーションを継続しようとする。

 

繰り返すが、筆者はコミュ障である。

他人との触れ合いは極力避けたい。(なので一人で楽しめるバイクツーリングを趣味にしている)

これ以上話しかけるなと態度で示しているにも関わらず会話を継続しようとする老人に、そろそろ拒絶反応が抑えきれなくなりかけた頃、老人は突然こう言った。

 

「日本一周するにあたり、義援金の協力をお願いしたいんです。」

 

やはりそうきたか、なんて厚かましい申し出であろうか。

日本一周は老人の都合で行われており、私的な趣味の範疇である。

その行為に必要な資金の捻出を、見ず知らずの他人に求めるとは、なんと厚顔無恥なのであろうか。

出身地の話や相手を持ち上げる発言などなど、老人のアプローチには隠しきれない下心があふれていて、それを感じずにはいられなかった。

ここに至って、不快感は嫌悪感に変わり、生理的にこの老人を受け付けなくなった。

一方で、この手の世間一般の常識から逸脱する人物は、変な刺激を与える事でどんな反応を示すか読めない一面がある。

ここはひとつ、角を立てずに退散願うという、社畜経験から培ったスキルを発動することにした。

 

「たしかに、何をするにも先立つものは重要ですよね。お困りであるお気持ちはよくわかります」

「ただ、実は私もあまり懐に余裕がなくて、帰りの旅費以上に手持ちがないのです。どうかご理解ください。」

 

老人は胡散臭い笑顔を振りまきながら立ち去っていった。

筆者より3回り以上年上のように見えた老人は、とてもではないが敬いの気持ちを持てない存在であった。

突然他人に金銭を求める程の教養は、もはや修正の効かない年齢と思うので目をつむるとしても、せめて身だしなみだけでも整えて欲しい。(少なくとも、印象はもうちょっとマシになったであろう)

そう思う筆者であった。

 

f:id:peshe_momo:20181027205011j:image

f:id:peshe_momo:20181027205022j:image

f:id:peshe_momo:20181027205034j:image

五味の市
https://goo.gl/maps/ackYfK5B2tw

 

帰路。

日生にある漁港に隣接する五味の市に立ち寄った。

ご覧の通り、何も売っていなかった。

唯一、牡蠣ソフトクリームは売っていた。

興味はそそられたが食欲はそそられなかった。

 

相生からバイパスにのって帰宅。

 

夕食は外食がいいと言う嫁さんのリクエストに応じて、イタリアンレストランへ。

キッシュ、パスタ、ピザを注文。

キッシュは作り置きなのかすぐさま提供された。

パスタは30分ほど経ってからやってきた。

この段階でちょっと穏やかな気分でなかった。

 

斜向かいの客にピザが提供された。

記憶が正しければ、この客は筆者達より後から来店、注文していたはず。

 

接客、注文が殺到して前後したのだろうと自分を納得させ、特に指摘せずにもうしばらく待つ。

(なお、店員は、"長時間店員同士の私語を客から見えるスペースで行えるくらい"に忙しそうであった)

 

注文して1時間…

 

f:id:peshe_momo:20181027205920j:image

 

これ以上待ってられない。

というわけで筆者、怒りの会計要求。

 

すると、請求書にしっかりとピザの値段が載っていた。

 

f:id:peshe_momo:20181027210156j:image

 

こんな不快な気分は久々である。

が、幼い子ども二人の前で、みっともなく喚き散らすのはスマートな大人の対応とは言えない。

ピザは提供されていないこと、もうそれの提供を希望しないこと、請求書を修正することを伝え、飲食した分のみ支払い早足で退店。

 

怒りのままに罵詈雑言をぶつけたかったが、上記の通りスマートな対応を心がけ、愚痴は全て飲み込んだ。

 

「口にしかけた嫌みを飲み込んで腹をこわしたという話も聞かん」とは、攻殻機動隊の荒巻課長の名台詞。

 

たしかにお腹の調子に問題はない。

備中松山城とワイナリー巡り

目的地その1

まずは備中松山城を目指しました。

ここは日本一標高の高い場所にある山城で、かつ天守閣が現存するお城です。

この時期、雲海に浮かぶ様が風情がある景色として人気のようで、筆者もその景色とやらを拝むために、早朝3時に出発しました。

 

天気予報の通り雨が降っており、その原因が気圧の谷が影響しているとのことです。

低気圧がやってくると、それは低血圧・貧血持ちの筆者に容赦のない偏頭痛を与えてきます。

いや、マジで意識飛びそうなくらい頭痛がすごい。

気合で備中松山城展望台に到着。

 

備中松山城展望台>

takahasikanko.or.jp

 

f:id:peshe_momo:20181010231218j:plain

駐車スペースは3台分ほど。

平日朝6時時点ですでに満車。

道路脇(南行き側道路の路肩)に駐車させました。

駐車場脇に簡易トイレが併設されていますが、女性は利用しにくいと思います。

f:id:peshe_momo:20181010230928j:plain

f:id:peshe_momo:20181010231017j:plain

立派な展望デッキがあります。結構きれい。

f:id:peshe_momo:20181010231555j:plain

カメラは CanonEOS Kiss X4。レンズは標準のキットレンズ(EF-S 18-55mm)

筆者はライトなカメラユーザなので、上記のキットレンズ以外を持ち合わせておらず。。

結果、お城がどこにあるのか不明瞭な風景写真が出来上がることに。。

高倍率ズームレンズほすぃ。。

 

リタイアされた(と思われる)ベテランさんがバズーカみたいにでっかいレンズをのっけたカメラを構えている横で、大学生らしきカップルがいちゃつくなど、展望台はなかなか混沌としていました。

大学生のいちゃいちゃ、うらやましいぜ。。(学生時代、いちゃいちゃできなかったアラサーの筆者。。)

 

コンビニで朝食を済ませ、次は備中松山城を訪れました。

備中松山城は前述の通り山の頂上に築城されているのですが、マイカーでは城の麓(ふいご峠駐車場)に行くことができません。(マイカー規制がある※)

そのため、途中の駐車場(城見橋公園駐車場)からシャトルバスで(往復¥400、15分間隔で運行)麓まで行き、そこから600Mほど登山道を登ってアクセスする必要があります。

 

※雨等でシャトルバスが運休時のみ、麓の駐車場へマイカーでアクセス可能

takahasikanko.or.jp

 

ちなみに、シャトルバスは9人乗りのTOYOTAハイエースでした。。

(車内はちょっとかび臭い)

 

f:id:peshe_momo:20181010233513j:plain

登山道には、このように城主のありがたいお言葉の掛札がある。

f:id:peshe_momo:20181010233616j:plain

だいぶ登ったやろ~、もう到着ちゃうか。と思ったタイミングで「この辺りがちょうど中間地点である」のお言葉は、精神面に結構くるものがある。

 

f:id:peshe_momo:20181010233825j:plain

おう、来たったで。

 

f:id:peshe_momo:20181010233912j:plain

天守

日頃の運動不足がたたり、すでに膝ガクガクの筆者。

 

f:id:peshe_momo:20181010234013j:plain

一汗かいた身体に染み渡る、地元の銘茶。

お~いお茶よりおいしい。

個人的には、掛川深蒸し茶が一番の好み。(聞いてない)

 

f:id:peshe_momo:20181010234153j:plain

f:id:peshe_momo:20181010234232j:plain

お邪魔します。

 

f:id:peshe_momo:20181010234305j:plain

城攻めしてくる兵に対して、石を落として攻撃する。その石を落とすところ。

 

f:id:peshe_momo:20181010234425j:plain

籠城時の城主の居間。

対忍者用に、床には隙間なく石が詰められているらしい。

曲者じゃー、ってことにはならないみたい。

 

f:id:peshe_momo:20181010234612j:plain

籠城時の娯楽用に、TVが備え付けられている。(大ウソ)

 

f:id:peshe_momo:20181010234715j:plain

天守に囲炉裏。かなり珍しいらしい。

何度も合戦を切り抜けてきた経験から、天守でも食事の準備や暖をとるのに囲炉裏が必要との結論に至った模様。

実践的で実に筆者好みの考え方である。

 

ここらで頭痛が我慢の限界にいたり、急遽薬局で頭痛薬を調達。

頭痛薬は食事後に摂取しないと胃を痛めるので、少し早い昼食にする。

ジョイフルで日替わり御膳@¥604(安い。。)

 

さて、次の目的地ですが。。

岡山といえば果物が有名。

桃、そしてぶどう。

ぶどうと言えばワイン。

よっしゃワイナリー行こう。

 

目的地その2

tetta.jp

 

なんだかシャレオツなワイナリーが山奥にある模様。

シャレオツと無縁な筆者が訪れも、迷惑にならないだろうか。。

 

f:id:peshe_momo:20181010235626j:plain

迷惑だった模様。。(大ウソ)

普通に定休日っぽい。

だったらHPにそう書いといて。(キレ顔)

 

すでに気分はワイナリーな気分なので、どうしてもワイナリー行きたい。

そしたら、1時間ほどで行ける場所に次のワイナリーがある模様。

 

岡山ワイナリー | 工場見学とミュージアム | サッポロビール

16:30閉店。

現在15:00。

う~ん、ギリちょんw

 

f:id:peshe_momo:20181011000050j:plain

なお間にあった模様。

f:id:peshe_momo:20181011000142j:plain

f:id:peshe_momo:20181011000234j:plain

 

f:id:peshe_momo:20181011000313j:plain

f:id:peshe_momo:20181011000346j:plain

ワイナリー内は見学自由。

ワクワク気分で扉をくぐると、そこは生産ラインが完全停止した工場でした。

ちっくしょー!(小梅太夫風に)

 

f:id:peshe_momo:20181011000545j:plain

とはいいつつ、とってもきれいでオシャレなワイナリーでした。

手ぶらで帰るのもなんだか無粋ですし、土産にワインでも買いましょうか。

 

f:id:peshe_momo:20181011000727j:plain

ここだけの限定生産品や、お子様向けにシロップなど、なかなかどうしていい感じじゃないですか。

試飲もOKです。(筆者は自動車の運転があるので、丁重に断りました。)

 

f:id:peshe_momo:20181011000905j:plain

赤ワイン、ピオーネ種(ぶどうの一種)でつくったワイン(ロゼっぽい)、マスカット・オブ・アレキサンドリア種(ぶどうの(略))でつくった白ワイン。

 

嫁さんが授乳おわったタイミングで、嫁さんと一緒に飲もうとおもいます。

 

結局頭痛が微妙に治らなかったので、宿泊は諦めて日帰りにしました。