Toyota AURIS 関西地方を駆ける!

関西地方のドライブ記録

【京都観光】宇治/伏見方面へ行く

【ルート概要】

第二神明道路阪神高速7号北神戸線中国自動車道近畿自動車道第二京阪道路京田辺松井IC下車

 

【立寄地概要】

・伊藤久右衛門宇治本店

平等院鳳凰堂表参道

福寿園

伏見稲荷神社

月桂冠大倉記念館

・キザクラカッパカントリー

 

【所要時間】

AM07:00出発、伊藤久右衛門宇治本店にAM09:00着

 

【本文】

筆者の勤める会社では、8月11日山の日から10日間の盆休みに入ります。

盆休みを有意義に過ごすために、初日から遠出することとしました。

 

筆者の住む関西圏では、帰省ラッシュ時は次の高速道路(東行き)が早朝から混雑します。

名神高速(京都南IC)

名神高速大山崎JCT

阪神高速3号神戸線(摩耶IC、深江IC)

京滋バイパス久御山JCT、宇治トンネル)

 

そこで、冒頭に示すルートで宇治に向かうこととしました。

これは。。。

阪神高速7号北神戸線を用いることで、3号神戸線の渋滞を回避する

第二京阪道路を用いることで、名神高速京都南IC〜吹田JCTまでの渋滞を回避する

第二京阪道路京田辺松井ICで下車することで、久御山JCT付近から延びる渋滞を回避する

 

もちろん、早朝から出発するのは大前提です。

 

f:id:peshe_momo:20170812133350j:imagef:id:peshe_momo:20170812133407j:imagef:id:peshe_momo:20170812133418j:imagef:id:peshe_momo:20170812133427j:imagef:id:peshe_momo:20170812133435j:image 

 

 上記は伊藤久右衛門宇治本店内、およびそこで注文した食事の様子です。

http://www.itohkyuemon.co.jp/corporate/shop/uji/

 

このお店は抹茶を用いたお菓子や、お茶っ葉の販売をしています。

また、宇治本店では喫茶店を併設しており、そこでパフェなどの甘味をいただくことができます。

 

開店20分前に駐車場に入り、10時の開店と当時に入店しました。

この時点ですでに喫茶店は満員の状態で、10時半の時点では売り場側も人でごった返していました。

お蕎麦とパフェを注文しましたが、どちらも大変美味しかったです。

特に、パフェは抹茶の風味が濃厚で、大変オススメです。

 

f:id:peshe_momo:20170812161849j:imagef:id:peshe_momo:20170812161858j:imagef:id:peshe_momo:20170812161912j:imagef:id:peshe_momo:20170812161922j:imagef:id:peshe_momo:20170812161926j:imagef:id:peshe_momo:20170812161936j:imagef:id:peshe_momo:20170812161942j:image

 

上記は平等院鳳凰堂の表参道の風景です。

福寿園の出している喫茶店があり、そこでお茶をいただきました。

苦味の中に甘みもあり、大変美味しかったです。

お店は参道の奥の方にあるため、少し閑散としており、過ごしやすいお店でした。

また、店内からは宇治川がよく見え、景色が良かったです。

 

 福寿園喫茶館URL

http://www.itohkyuemon.co.jp/corporate/shop/uji/

 

 

f:id:peshe_momo:20170813093909j:imagef:id:peshe_momo:20170813093919j:imagef:id:peshe_momo:20170813093925j:imagef:id:peshe_momo:20170813093934j:image

 

宇治観光は12時過ぎに終わったので、次は伏見方面へ足をのばすこととしました。

上記は伏見稲荷神社、月桂冠大倉記念館、キザクラカッパカントリーに訪れた際の様子です。

 

伏見稲荷神社は、、すごい暑かったです。

また、訪問客の3分の2といっても過言でないくらい、外国人訪問客が多かったです。

 

月桂冠大倉記念館では、酒蔵見学をすると300円相当の日本酒のお土産がもらえます。

私は、、日本酒好きですが自動車で訪問していることもあり、(見学すると日本酒の試飲ができる。。)見学は遠慮することとしました。

お土産に、奈良漬けとここ限定の純米大吟醸酒を買いました。

月桂冠大倉記念館URL

http://www.itohkyuemon.co.jp/corporate/shop/uji/

 

キザクラカッパカントリーでは、食事どころがあり、美味しい食事をいただくことができます。

ここを訪れた段階で、pm5:00でした。

夕食にしても良かったのですが、予約のお客さんでいっぱいでしたので断念しました。

ここでは私の父に大吟醸酒を購入しました。

キザクラカッパカントリー

http://www.itohkyuemon.co.jp/corporate/shop/uji/

 

伏見地区の訪問でありがたいのは、上記訪問先は全て駐車場が併設されており、かつ駐車料が無料であることです。

自動車での旅行者にはありがたいですね。

 

 帰省ラッシュが長引いているのか、中国道西行きで宝塚トンネルを起点とした渋滞が未だ続いていました。

そのため、帰路は第二京阪道路から近畿道を経由し、阪神高速東大阪線阪神高速湾岸線阪神高速3号神戸線と乗り継い帰りました。

このねらいは、、

第二京阪道路を用いることで、京都南IC付近の渋滞を回避する

名神高速中国道を用いないことで、中国道宝塚トンネル付近の渋滞を回避する

阪神高速湾岸線を用いることで、阪神高速3号神戸線京橋ICから尼崎付近まで続く渋滞を回避する

 

結果、渋滞を全て回避して帰宅することができました。

和歌山県:川よしに行く(うな重屋)

日時:2017/06/04(日)05:00〜

ルート要約:第二神明道路阪神高速3号神戸線阪神高速4/5号湾岸線堺泉北道路→国道480号→龍神スカイライン→国道371号→国道311号

立寄所:高野山奥の院、三段壁

 

<導入部>

今回は、オーリスではなくバイクです。

BMW:F800ST

車名の通り大型バイクです。

会社の後輩たちとマスツーリングを楽しんだのでした。

 

<本文>

朝4:30頃に起床し、身支度を済ませました。

集合場所が大阪堺市某所で、06:30集合のため、このような早朝から準備が必要でした。

阪神高速3号神戸線京橋ICから、ハーバーハイウェイ経由で湾岸線に乗り、堺泉北道路で集合場所に向かいます。

f:id:peshe_momo:20170606214649j:image

f:id:peshe_momo:20170606221357j:image

2枚目右端が筆者のバイク。

 

国道を経由し、和歌山県橋本市から高野山へ。

高野山へ登って行く道は、細いくねくね道が続きます。 

自動車のペースとバイクのペースでは、気持ちよく走れるペースが異なるため、少し我慢が必要な場所です。

マナーを守って安全に走ることが大切です。

 

f:id:peshe_momo:20170606214909j:image

奥の院へ向かう山道で一枚。

新明和工業のロケットのお墓??

f:id:peshe_momo:20170606221601j:image

 

f:id:peshe_momo:20170606220118j:image

f:id:peshe_momo:20170606220124j:image

 

龍神スカイラインを進み、ごまさんスカイタワー前で一息。

ここらへんから、腰痛の気配が…

ライディング姿勢が悪いのかな??

今までスーパースポーツ系のバイクに乗っていましたので、いまいちコツがつかめません。

 

ところで、龍神スカイラインでは、しばしばバイクのローリング族が危険なライディングで追い越しをかけてきました。

ライダー同士、フレンドリーにいきたいものです。

 f:id:peshe_momo:20170606220140j:image

f:id:peshe_momo:20170606220236j:image

f:id:peshe_momo:20170606220255j:image

川よし到着。@11:30

このお店は、筆者がまだ学生の頃、SUZUKI KATANAのオーナーズミーティングに誘われた際に訪れて以来です。

(当時は英国triumph社のDAYTONA675に乗っていた。)

うな重がたいへんおいしいお店です。 

f:id:peshe_momo:20170606220602j:image

f:id:peshe_momo:20170606220552j:image 

f:id:peshe_momo:20170606220643j:image

f:id:peshe_momo:20170606220702j:image

三段壁到着@13:00

よく晴れて…暑い…

 

f:id:peshe_momo:20170606220820j:image

f:id:peshe_momo:20170606220837j:image

とれとれ市場到着@14:00

疲労困憊の中、嫁さんと娘にお土産@梅干し&みかんジュースを購入。

後輩たちと刺身&ノンアルコールビールを味わいつつ、筆者は一足先に帰路につくのでした。

 

兵庫県:六甲ガーデンテラスへ行く

日時:2017/06/03 14:00〜

 天気:晴れ

走行ルート要約:第二神明道路阪神高速7号北神戸線→裏六甲道路

 

<導入部>

奥さんから、

「おいしいお茶が飲めて、景色がキレイで、HARBSのようにおいしいケーキが食べたい」

との要望を受けました。

いや、ハードル高すぎません??

おいしいお茶とケーキは置いといて、景色が最高なところへ行くこととしました。

 

<本題>

上記ルートで六甲山頂上を目指します。

裏六甲道路はくねくね道で、ハンドルさばき、アクセルワークに気をつけないと同乗者の車酔いを誘います。

f:id:peshe_momo:20170603231845j:image

ガーデンテラスから一枚。

f:id:peshe_momo:20170603232129j:image

英国フェア実施中。娘とピーターラビット

f:id:peshe_momo:20170603232205j:image

スコーンセット。(ドリンクバーがつく。)

800円くらい。

ドリンクバーはティーバッグで、スコーンはピーターラビットの焼き柄がついただけの、ただのスコーン。

ちょっと高いと思いつつ、娘がお腹すいたと訴えるので買ってしまう。

父はティーバッグのお茶で元を取ろうと、ひたすらお代わりするのであった。

 

その後、三宮方面へ向かい夕食をとる。

モザイクにあるイタメシ屋@オステリアガウダンテで夕食。

f:id:peshe_momo:20170603232700j:image

 ラザニア。香り高いキノコがいいアクセント。おいしかった。1600円くらい。

f:id:peshe_momo:20170603232753j:image

 イタリア人の国民食マルゲリータ

生地はもちもちでたいへん美味である。

娘はミミをひたすら要求するほど美味しかった模様。

 

20時ごろに、阪神高速3号神戸線柳原ICから乗車し帰宅。

 

 

兵庫県:黒川温泉に行く

日時:2017/05/27(土)09:30〜13:00

天気:晴れ/山間部は雨

走行ルート要約:R175→R427→R429→黒川ダム周遊路→多々良木ダム周遊路→R312→R429→播但連絡道路→姫路バイパス→加古川バイパス→東播磨道

 

<本文>

午前のみ自由な時間ができたので、生野銀山湖にある黒川温泉に行くことにしました。

温泉へ行くのは久しぶりです。

私には2歳の娘がいるのですが、まだオムツが外れておらず、公共の入浴施設で入浴することが(衛生マナー上)できません。

また、一人の時間を取ることもなかなかできませんでしたので、娘が生まれてからは温泉に行くことができなかったのです。

ーーーーーーーここまで導入部

午前09:30に出発しました。

私は播磨南東部に住んでいますので、黒川温泉に向かうには、主に次の2通りがあります。

1.国道175号加美町/朝来市方面へ北上する

2.播但連絡道路朝来市方面へ北上

 

今回時間制限があるので2.がスマートなのですが、行きも帰りも有料道路では運転に刺激がなく楽しくありません。

そこで、行きは1.ルートで黒川温泉へ向かい、帰りは播但連絡道路でサクッと帰る方針としました。

 

加古川の河川敷道路を北上し、R175に入ります。

その後、R427との分岐交差点まで道なりに進みます。

播磨南東部の土地柄でしょうか、R175では次のようなドライバーをちらほらと見受けます。

・車間を詰める

・(↑とセットで)前走者を煽る

・左車線からの強引な追い越し

・(↑とセットで)頻繁な車線変更

 

f:id:peshe_momo:20170528083409j:image

西脇市付近のオービス。↑

このオービスはよく目立つ場所に設置されていますので、ここで写真に撮られる方はあまりいないでしょう。

 

f:id:peshe_momo:20170528083657j:image

多可町の公民館??

図書館まつりなるイベントが開催されている模様。

 

加美町に入ると、交通量はかなり少なくなります。

道の駅:杉原紙の里・多可(名前変わった??(以前はR427加美だった気が…))を過ぎると少し肌寒くなり、天気も悪化してきました。

R429との交差点で左折し、生野方面に向かいます。

ここの道は渓流沿いの狭路で、ところどころガードレールもないいわゆる酷道です。

運転に自信のない方は、西側の生野銀山湖周遊路から黒川温泉に向かった方が安全かと思います。

 

f:id:peshe_momo:20170528084718j:image

黒川温泉に到着。@11:00着。

所要時間1:30。

 

f:id:peshe_momo:20170528084745j:image

f:id:peshe_momo:20170528085225j:image

駐車場で一枚。

 

黒川温泉は美人の湯として知られ、個人的な所感ですが、三大美人の湯の一つである、龍神温泉と似たような泉質かと思います。

お肌がすべっとして、美肌効果があります。

 

たまたまですが、今月は100円引きの月らしく、入浴料は500円でした。

 

f:id:peshe_momo:20170528100606j:image

 f:id:peshe_momo:20170528100620j:image

脱衣所はこんな感じ。キレイです。

 

f:id:peshe_momo:20170528101123j:image

f:id:peshe_momo:20170528101137j:image

風呂上がりにコークをしばく。

炭酸が効いててサイコーです。

コークはやっぱし缶ですね。ペットボトルはなんとなく美味しくない。と思います。

11:40に家に向かって出発しました。

 

f:id:peshe_momo:20170528101311j:image

f:id:peshe_momo:20170528101324j:image

黒川ダム周辺の山から一枚。

交通量皆無の林道なので、時々野生の鹿と遭遇したりします。

 

f:id:peshe_momo:20170528101429j:image

帰路のR312号。

気持ちよく晴れており、気分も高揚します。

 

この後、朝来ICから播但連絡道路にのり、家路に着いたのでした。

家到着13:00。

 

<備考>

R175:https://ja.m.wikipedia.org/wiki/国道175号

R427:https://ja.m.wikipedia.org/wiki/国道427号

道の駅:杉原紙の里・多可

http://www.kkr.mlit.go.jp/road/michi_no_eki/contents/hyogo/rutoyonniinanakami.html

R429:https://ja.m.wikipedia.org/wiki/国道429号

黒川温泉:http://sasayuri-net.jp/users/kurokawa-onsen/

 

マイカーの紹介

0.はじめに

メーカー:toyota

モデル:オーリス

グレード:RS Sパッケージ

年式:2013年式(FMC前期型)

型式:ZRE186H

トランスミッション:6MT

駆動方式:FF

 

1.購入のきっかけ

(現在の奥さんとの)結婚を考えた際に、自動車無いと不便やろなぁ…、むしろ自動車持ってないと箔がつかんな…

ほったら、クルマこーてまうか!

という感じで、自動車の購入に至る。

 

2.オーリスを選んだワケ

・予算内

・あまりいい車格すぎないモデルである※1

・そこそこの値段で、いい装備がたくさん※2

※1:次にクルマを乗り換える際、車格のダウンは心情的にハードルが高いらしい@親父談

※2:オートレベリングとか、ミラー自動格納等、他の同車格のモデルと比較し細かい装備が標準装備として充実していた@後述

 

3.オーナーとしての評価

<良い点>

国産Cセグメントとして、同車格他モデルと比較し次の標準装備が充実していた。(現行モデルではどうなっているかは不明…)

・自動格納ミラー

・オートライト

・フロントフォグランプ

・ディスチャージヘッドライト

・左右独立オートエアコン

・AFS(Adaptive Front-lighting system)

→ハンドルと連動してヘッドライトの照射先をかえる

・キーレスエントリー

・¥200万で購入可能な6MTモデル

・高速域で比較的安定した直進安定性

・比較的ホールド性の高い標準セミパケシート

・比較的高スペックな標準タイヤ(yokohama advanDB)

<不満な点>

・視認性が悪い

→前方右側(Aピラーが太く、死角が多い)

→後方(バックモニターないとなんも見えんわ…)

→左後方(Cピラーが以下略)

・アクセルレスポンスが悪い

・(変速時)エンジン回転落ちが悪い

・ハイオク指定

→レギュラーモデルと大差ないスペックなのに…

・後席カーテンエアバッグが標準装備でない

・シートヒーターがオプション設定にない

・メーターパネルが常時発光式でない

→昼間走行時、薄暗い場所だとメーターが見えません…

・自動防眩ミラーではない

・クルーズコントロールの設定がない

 

記載の不満な点は、現行モデルだと解消されているのかもしれません。

 

当ブログの目的・方針

1.当ブログの目的

当ブログでは、次のことを目的として記事投稿を行う。

Toyota オーリス(自動車)の紹介

・(主に)関西地方におけるドライブの記録

 

2.ブログ方針について

次の方針に従い、ブログ更新を行うこととする。

・前項に記載する目的に沿った記事のみを投稿する