Toyota AURIS 関西を駆ける!

関西のドライブ記録

走り納めツーリング

2018/10/27(土)

 

朝晩の空気がひんやりし始めた今日この頃。

バイクで気持ちよく走るのも、そろそろおしまい。

本日をもって2018年のツーリング納めとすることにした。

 

この日は西方面の天気が良いので、岡山へ向かうことに。

 

f:id:peshe_momo:20181027203109j:image

f:id:peshe_momo:20181027203125j:image

f:id:peshe_momo:20181027203258j:image

備前 海の駅
https://goo.gl/maps/z87UgoJmw4L2

 

岡山ブルーライン入り口にある、備前海の駅で小休止。

海産物が勢ぞろい。

刺身好きの筆者のテンションが急上昇。

f:id:peshe_momo:20181027203544j:image

f:id:peshe_momo:20181027203557j:image

f:id:peshe_momo:20181027203613j:image

f:id:peshe_momo:20181027203748j:image

海外の一部の地域では、未会計品を飲食する(退店時に精算)する習慣がある。

当然、日本では未会計品を飲食してはいけない。言わずもがな…のはずであるが、こんな注意書きが必要とは、日本人のモラルが崩壊しているのか…

 

f:id:peshe_momo:20181027204223j:image

f:id:peshe_momo:20181027204235j:image

f:id:peshe_momo:20181027204250j:image

f:id:peshe_momo:20181027204303j:image

f:id:peshe_momo:20181027204315j:image

f:id:peshe_momo:20181027204334j:image

備前長船刀剣の里
https://goo.gl/maps/GNkCKP6j3TP2

 

岡山県備前市は、かの有名な日本刀の名産地。

備前長船刀剣の里で、刀鍛冶職人のお仕事を見学する。

また、現在、四国金刀比羅宮に奉納されている各種日本刀が、隣接する博物館で展覧されていた。

入場料¥500を支払い展覧した。

(写真撮影NGの為写真なし。)

大名が所蔵していた数々の銘刀を見ることができ、良い経験となった。

 

f:id:peshe_momo:20181027230554j:image

ラビット ハウス
https://goo.gl/maps/VGhPHUVvPYC2

(写真はネット上のものを引用してます。NGの場合教えてください)

 

昼食をとった場所。

サイコロステーキを食べた。

味は、The米国産牛肉のステーキといった味で、あっさり肉が好きな私の嗜好に合っていた。

¥1382で120gも肉が食べられるとなると、なかなかのコスパではないだろうか。

 

さて、食事よりも印象に残ったのは、(店主もなかなか個性的な容貌だったが…)食事後に店外で出発の準備をしている時に話しかけてきた老人である。

 

この老人はバックパッカーの風貌をしており、相当数の歯が抜けていて、そしてかなりの悪臭を漂わせていた。一言で言うと、不潔である。

その老人は唐突に「JRの駅(香登駅)への道を教えて欲しい」と尋ねてきたのである。

筆者は地元民ではないので、当然駅への道など知らない(駅が近い事すら知らなかった)のである。

また、コミュ障気味の筆者にとって、このように唐突に行われる質問への対応は非常にストレスを感じる。

 

「ったく、テメェのスマホ(所持しているかどうかは分からないが)でサクッと調べろや」

 

と内心悪態をつきつつ、「いやーこの辺のこと知らんから道分からんわ〜。調べたるからちょい待ってな。」とGoogleMapsで調べ始めるあたり、筆者の根はお人好しなのだろうか?

 

GoogleMapsによると、現在地から東へ500mほどの場所に駅がある模様の旨を伝え、ヘルメットをかぶる仕草を見せてみた。(要件が済んだならさっさと失せろの態度。大変失礼である。)

 

すると老人は、聞いてもいない自己紹介を唐突に始めた。

出身は近畿地方某所で、現在徒歩で日本一周中(最近の時事ネタに共通する点に、一抹の警戒心が芽生えた)で、今は自宅に向かっているなどなど。

そして、自己紹介がひとしきり終わると、今度は筆者のバイクを褒めたり、ナンバープレートを見て出身地が何処かと聞いてみたりと、コミュニケーションを継続しようとする。

 

繰り返すが、筆者はコミュ障である。

他人との触れ合いは極力避けたい。(なので一人で楽しめるバイクツーリングを趣味にしている)

これ以上話しかけるなと態度で示しているにも関わらず会話を継続しようとする老人に、そろそろ拒絶反応が抑えきれなくなりかけた頃、老人は突然こう言った。

 

「日本一周するにあたり、義援金の協力をお願いしたいんです。」

 

やはりそうきたか、なんて厚かましい申し出であろうか。

日本一周は老人の都合で行われており、私的な趣味に範疇である。

その行為に必要な資金の捻出を、見ず知らずの他人に求めるとは、なんと厚顔無恥なのであろうか。

出身地の話や相手を持ち上げる発言などなど、老人のアプローチには隠しきれない下心があふれていて、それを感じずにはいられなかった。

ここに至って、不快感は嫌悪感に変わり、生理的にこの老人を受け付けなくなった。

一方で、この手の世間一般の常識から逸脱する人物は、変な刺激を与える事でどんな反応を示すか読めない一面がある。

ここはひとつ、角を立てずに退散願うという、社畜経験から培ったスキルを発動することにした。

 

「たしかに、何をするにも先立つものは重要ですよね。お困りであるお気持ちはよくわかります」

「ただ、実は私もあまり懐に余裕がなくて、帰りの旅費以上に手持ちがないのです。どうかご理解ください。」

 

老人は胡散臭い笑顔を振りまきながら立ち去っていった。

筆者より3回り以上年上のように見えた老人は、とてもではないが敬いの気持ちを持てない存在であった。

突然他人に金銭を求める程の教養は、もはや修正の効かない年齢と思うので目をつむるとしても、せめて身だしなみだけでも整えて欲しい。(少なくとも、印象はもうちょっとマシになったであろう)

そう思う筆者であった。

 

f:id:peshe_momo:20181027205011j:image

f:id:peshe_momo:20181027205022j:image

f:id:peshe_momo:20181027205034j:image

五味の市
https://goo.gl/maps/ackYfK5B2tw

 

帰路。

日生にある漁港に隣接する五味の市に立ち寄った。

ご覧の通り、何も売っていなかった。

唯一、牡蠣ソフトクリームは売っていた。

興味はそそられたが食欲はそそられなかった。

 

相生からバイパスにのって帰宅。

 

夕食は外食がいいと言う嫁さんのリクエストに応じて、イタリアンレストランへ。

キッシュ、パスタ、ピザを注文。

キッシュは作り置きなのかすぐさま提供された。

パスタは30分ほど経ってからやってきた。

この段階でちょっと穏やかな気分でなかった。

 

斜向かいの客にピザが提供された。

記憶が正しければ、この客は筆者達より後から来店、注文していたはず。

 

接客、注文が殺到して前後したのだろうと自分を納得させ、特に指摘せずにもうしばらく待つ。

(なお、店員は、"長時間店員同士の私語を客から見えるスペースで行えるくらい"に忙しそうであった)

 

注文して1時間…

 

f:id:peshe_momo:20181027205920j:image

 

これ以上待ってられない。

というわけで筆者、怒りの会計要求。

 

すると、請求書にしっかりとピザの値段が載っていた。

 

f:id:peshe_momo:20181027210156j:image

 

こんな不快な気分は久々である。

が、幼い子ども二人の前で、みっともなく喚き散らすのはスマートな大人の対応とは言えない。

ピザは提供されていないこと、もうそれの提供を希望しないこと、請求書を修正することを伝え、飲食した分のみ支払い早足で退店。

 

怒りのままに罵詈雑言をぶつけたかったが、上記の通りスマートな対応を心がけ、愚痴は全て飲み込んだ。

 

「口にしかけた嫌みを飲み込んで腹をこわしたという話も聞かん」とは、攻殻機動隊の荒巻課長の名台詞。

 

たしかにお腹の調子に問題はない。

備中松山城とワイナリー巡り

目的地その1

まずは備中松山城を目指しました。

ここは日本一標高の高い場所にある山城で、かつ天守閣が現存するお城です。

この時期、雲海に浮かぶ様が風情がある景色として人気のようで、筆者もその景色とやらを拝むために、早朝3時に出発しました。

 

天気予報の通り雨が降っており、その原因が気圧の谷が影響しているとのことです。

低気圧がやってくると、それは低血圧・貧血持ちの筆者に容赦のない偏頭痛を与えてきます。

いや、マジで意識飛びそうなくらい頭痛がすごい。

気合で備中松山城展望台に到着。

 

備中松山城展望台>

takahasikanko.or.jp

 

f:id:peshe_momo:20181010231218j:plain

駐車スペースは3台分ほど。

平日朝6時時点ですでに満車。

道路脇(南行き側道路の路肩)に駐車させました。

駐車場脇に簡易トイレが併設されていますが、女性は利用しにくいと思います。

f:id:peshe_momo:20181010230928j:plain

f:id:peshe_momo:20181010231017j:plain

立派な展望デッキがあります。結構きれい。

f:id:peshe_momo:20181010231555j:plain

カメラは CanonEOS Kiss X4。レンズは標準のキットレンズ(EF-S 18-55mm)

筆者はライトなカメラユーザなので、上記のキットレンズ以外を持ち合わせておらず。。

結果、お城がどこにあるのか不明瞭な風景写真が出来上がることに。。

高倍率ズームレンズほすぃ。。

 

リタイアされた(と思われる)ベテランさんがバズーカみたいにでっかいレンズをのっけたカメラを構えている横で、大学生らしきカップルがいちゃつくなど、展望台はなかなか混沌としていました。

大学生のいちゃいちゃ、うらやましいぜ。。(学生時代、いちゃいちゃできなかったアラサーの筆者。。)

 

コンビニで朝食を済ませ、次は備中松山城を訪れました。

備中松山城は前述の通り山の頂上に築城されているのですが、マイカーでは城の麓(ふいご峠駐車場)に行くことができません。(マイカー規制がある※)

そのため、途中の駐車場(城見橋公園駐車場)からシャトルバスで(往復¥400、15分間隔で運行)麓まで行き、そこから600Mほど登山道を登ってアクセスする必要があります。

 

※雨等でシャトルバスが運休時のみ、麓の駐車場へマイカーでアクセス可能

takahasikanko.or.jp

 

ちなみに、シャトルバスは9人乗りのTOYOTAハイエースでした。。

(車内はちょっとかび臭い)

 

f:id:peshe_momo:20181010233513j:plain

登山道には、このように城主のありがたいお言葉の掛札がある。

f:id:peshe_momo:20181010233616j:plain

だいぶ登ったやろ~、もう到着ちゃうか。と思ったタイミングで「この辺りがちょうど中間地点である」のお言葉は、精神面に結構くるものがある。

 

f:id:peshe_momo:20181010233825j:plain

おう、来たったで。

 

f:id:peshe_momo:20181010233912j:plain

天守

日頃の運動不足がたたり、すでに膝ガクガクの筆者。

 

f:id:peshe_momo:20181010234013j:plain

一汗かいた身体に染み渡る、地元の銘茶。

お~いお茶よりおいしい。

個人的には、掛川深蒸し茶が一番の好み。(聞いてない)

 

f:id:peshe_momo:20181010234153j:plain

f:id:peshe_momo:20181010234232j:plain

お邪魔します。

 

f:id:peshe_momo:20181010234305j:plain

城攻めしてくる兵に対して、石を落として攻撃する。その石を落とすところ。

 

f:id:peshe_momo:20181010234425j:plain

籠城時の城主の居間。

対忍者用に、床には隙間なく石が詰められているらしい。

曲者じゃー、ってことにはならないみたい。

 

f:id:peshe_momo:20181010234612j:plain

籠城時の娯楽用に、TVが備え付けられている。(大ウソ)

 

f:id:peshe_momo:20181010234715j:plain

天守に囲炉裏。かなり珍しいらしい。

何度も合戦を切り抜けてきた経験から、天守でも食事の準備や暖をとるのに囲炉裏が必要との結論に至った模様。

実践的で実に筆者好みの考え方である。

 

ここらで頭痛が我慢の限界にいたり、急遽薬局で頭痛薬を調達。

頭痛薬は食事後に摂取しないと胃を痛めるので、少し早い昼食にする。

ジョイフルで日替わり御膳@¥604(安い。。)

 

さて、次の目的地ですが。。

岡山といえば果物が有名。

桃、そしてぶどう。

ぶどうと言えばワイン。

よっしゃワイナリー行こう。

 

目的地その2

tetta.jp

 

なんだかシャレオツなワイナリーが山奥にある模様。

シャレオツと無縁な筆者が訪れも、迷惑にならないだろうか。。

 

f:id:peshe_momo:20181010235626j:plain

迷惑だった模様。。(大ウソ)

普通に定休日っぽい。

だったらHPにそう書いといて。(キレ顔)

 

すでに気分はワイナリーな気分なので、どうしてもワイナリー行きたい。

そしたら、1時間ほどで行ける場所に次のワイナリーがある模様。

 

岡山ワイナリー | 工場見学とミュージアム | サッポロビール

16:30閉店。

現在15:00。

う~ん、ギリちょんw

 

f:id:peshe_momo:20181011000050j:plain

なお間にあった模様。

f:id:peshe_momo:20181011000142j:plain

f:id:peshe_momo:20181011000234j:plain

 

f:id:peshe_momo:20181011000313j:plain

f:id:peshe_momo:20181011000346j:plain

ワイナリー内は見学自由。

ワクワク気分で扉をくぐると、そこは生産ラインが完全停止した工場でした。

ちっくしょー!(小梅太夫風に)

 

f:id:peshe_momo:20181011000545j:plain

とはいいつつ、とってもきれいでオシャレなワイナリーでした。

手ぶらで帰るのもなんだか無粋ですし、土産にワインでも買いましょうか。

 

f:id:peshe_momo:20181011000727j:plain

ここだけの限定生産品や、お子様向けにシロップなど、なかなかどうしていい感じじゃないですか。

試飲もOKです。(筆者は自動車の運転があるので、丁重に断りました。)

 

f:id:peshe_momo:20181011000905j:plain

赤ワイン、ピオーネ種(ぶどうの一種)でつくったワイン(ロゼっぽい)、マスカット・オブ・アレキサンドリア種(ぶどうの(略))でつくった白ワイン。

 

嫁さんが授乳おわったタイミングで、嫁さんと一緒に飲もうとおもいます。

 

結局頭痛が微妙に治らなかったので、宿泊は諦めて日帰りにしました。

 

ダルビッシュミュージアムに…行ってない

当ブログの主旨に反して、行ってない場所を小噺として載せてみます。

 

f:id:peshe_momo:20180830093413j:image
f:id:peshe_momo:20180830093409j:image

 

神戸市にあるダルビッシュミュージアム

中には入らず、前を通り過ぎただけ。

https://www.darvish-museum-space11.com

入場料 大人¥500

 

お昼時ですが、人の気配がありません。

となりのタリーズコーヒーの方が、いっぱい客がいます。

ダルビッシュの親父さんが経営してるらしいですが、近くの美容院店長さん曰く最近は姿を見ないとのこと。

 

ちなみに、手洗いはきれいでした。

(手洗いはタリーズと共有の模様)

 

 

ONE OFF CAFE(ワンオフカフェ)に行く

日時:2018/08/05(日)

 

モーニング行きたい@景色のいいとこがいい。

嫁さんの唐突なリクエストに、慌てず騒がず、冷静に応えるのも夫の務め。

あらかじめ探していたストックから、新舞子にあるカフェをピックアップし嫁さんの感想を聞くと、"いいね"を無事にいただくことができました。

 

<目的地>

ONE OFF CAFE(ワンオフカフェ)

https://m.facebook.com/kawasaki650j/?locale2=ja_JP

-->8/6の投稿写真に、筆者のオーリスが載ってます。

https://www.google.co.jp/amp/s/s.tabelog.com/hyogo/A2805/A280503/28052220/top_amp/

-->メニューや内観等は食べログを参照。

 

f:id:peshe_momo:20180823215303j:image
f:id:peshe_momo:20180823215307j:image

 

トースト、オムレツ、サラダのモーニングを注文。

娘にはピーナッツバタートーストを注文。

嫁さんは同じモーニングに、カフェオレも注文。

オムレツ・トーストはバターが効いていて美味しかったです。

娘はピーナッツバタートーストを完食後、筆者のトースト(半切れ分)とオムレツ(8割方)も完食。

よー食うなぁ…

 

嫁さんは、食事もカフェオレも景色にも満足の模様。

 

カフェのオーナー様、突然の子供連れ来客にもかかわらず、暖かく迎えていただきありがとうございます。

ファシリティ、ホスピタリティ、食事の全てにおいて満足しました。

エルビレッジおおかわちに行く

2018/07/21(土)

 

嫁さんがお友達とお茶する予定なので、その間 娘と遊びに行くことにしました。

 

<目的地>

エルビレッジおおかわち

http://www.kepco.co.jp/corporate/profile/community/pr/okawachi/index.html

播但連絡道路 神崎南IC下車。

JR播但線 寺前駅前に地元スーパーがあるので、飲み物や食べ物はそこで購入するのが良いでしょう。

もしくは、神崎南IC下車後、国道312号方面に行くとローソンがあります。

 

関西電力 大河内発電所のPRを目的とした、同社の"ハコモノ"です。

私が幼少の頃からあり、よく父に連れられて遊びました。

 

温室のガーデンで植物を見たり、子供向けのおもちゃで遊んだり、様々な時間の過ごし方があります。

 

訪れた日は暑かったことも影響してか、2組の年配の夫婦以外に人はいませんでした。

なかなか穴場です。

f:id:peshe_momo:20180724135938j:image

f:id:peshe_momo:20180724135953j:image

f:id:peshe_momo:20180724140003j:image

f:id:peshe_momo:20180724140020j:image

f:id:peshe_momo:20180724140402j:image

f:id:peshe_momo:20180724140511j:image

自然多め。

虫も多め。

 

f:id:peshe_momo:20180723221811j:image

受付等のあるゲストハウス内にある、石でできた楽器です。

マリンバのように叩いて音を出します。

 

f:id:peshe_momo:20180723221857j:image

昔、何かのバラエティ番組によく登場した電撃イライラ棒をモチーフにしたもの。懐かしいと思ったあなたは、多分昭和生まれ。

ちなみに故障中のため、動作せず。

 

f:id:peshe_momo:20180724140724j:image

幼児向けのプレイルームあり。

このピアノのおもちゃ、なんと河合楽器製。

しっかり打鍵しないと音の出ないリアル志向。

筆者は、この手の楽器を見ると必ず阪神タイガース汎用ヒッティングマーチを演奏してしまう…

 

入場料無料なので、お子さんと一緒にのんびりと過ごせます。

また、併設の大河内発電所の見学も(受付で依頼することで)できます。

 

意外な穴場スポットで、のんびり遊んでみてはいかがでしょうか。

鳥取に行って、砂丘はスルー

2018/06/17(日)

 

標題の通り、鳥取へ行きました。

これまた標題の通り、砂丘は行きませんでした。

もう何度も行ってますしおすし。

 

鳥取に行くには、昔は国道29号で戸倉峠越えが一般的でしたが、昨今は鳥取道が開通し便利になりました。

無料通行区間の作用平福ICまで下道で、その後鳥取道で鳥取西ICまで行きます。

f:id:peshe_momo:20180617190329j:image

道の駅ひらふくで小休止。

手洗いは古めの設備なのが気になる。

 

鳥取到着後、国道9号を西進し白兎神社に向かいます。

f:id:peshe_momo:20180617190633j:image

神社横のローソンで買い出し。

f:id:peshe_momo:20180617190658j:image

f:id:peshe_momo:20180617190712j:image

f:id:peshe_momo:20180617190725j:image

"因幡の白兎"伝説で登場する白兎が祀られた神社です。

伝説の仔細はwikipedia古事記の考察サイトでどーぞ。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/因幡の白兎

 

伝説の要点をあげると、次の通り。

大国主神(出雲大社祭神)が嫁探し(八上比売(八上姫とも))に行く

・途中で困っているウサギに会う(このウサギは、自身の"イキリ"が祟り、イキった相手にボコボコにされてピクピク状態だったところを大国主神に助けられる)

・助けられたウサギ曰く「あなたの求め女とは相思相愛の関係になるでしょう」

大国主神の嫁探しは予定通り終了

 

といった展開から、日本最古の縁結びなどと言われており、このウサギが祀られた神社はその経緯から縁結びの神社として知られる。

 

私的に、このウサギはずっこい狡猾な奴、という印象しかないので、縁結びに紐づけるのはちょっと強引では?と思うのですが、古事記が出典ということもあり、元祖を名乗らせれば右に出るものはいませんね。

 

縁結びに所縁がある神社は、貴船神社や京都月読神社などが有名ですが、一度趣向を変えてみたい場合は、白兎神社を訪れてみてはどうでしょうか。

 

f:id:peshe_momo:20180617192536j:image

f:id:peshe_momo:20180617192549j:image

f:id:peshe_momo:20180617192601j:image

神社前は日本海を一望できる。

 

f:id:peshe_momo:20180617192631j:image

f:id:peshe_momo:20180617192644j:image

f:id:peshe_momo:20180617192726j:image

先のローソンで買い出ししたカップ麺を調理@鳥取

 

写真の通り、今回はバイクです。

yamaha majesty sという台湾製の150ccスクーターです。

小回りがきいて自動車専用道路も走れる便利な奴です。

帰路は鳥取道を南下しました。

 

f:id:peshe_momo:20180617192929j:image

f:id:peshe_momo:20180617193144j:image

帰路の途中、立派なお城が見えたので急遽立ち寄ることに。

原城(正式には丸山城らしいが、同名の城が鳥取に複数あるため、区別のために名称変更)という城で、羽柴秀吉鳥取の山名豊国を攻める際に築城した、と言われる。

 

どうも近世になってから復元されたものらしく、当時の城を再現したわけではない模様。

城内の観覧は有料。

上記の経緯もあり、興味をなくした筆者は観覧せず立ち去りました。

 

f:id:peshe_momo:20180617193938j:image

道の駅あわくランドで休憩。

大型バイクがいっぱい。自分のバイクのちっささに唖然…

大型欲しいよう…

 

f:id:peshe_momo:20180617194108j:image

あわくランド南方の大原宿。

昔の宿場のようです。

本陣以外に、立ち寄りどころはなさそう。

https://goo.gl/maps/JVqSbpchduF2

 

f:id:peshe_momo:20180617194350j:image

3時ごろ帰宅。

丸美屋の黒麻婆で夕食。

 

 

 

 

バッテリー充電を兼ねて@相生

嫁さんの軽自動車はあまり使われないこともあり、バッテリーがくたびれ気味です。

早めに会社から帰宅し、少しドライブしました。

 

f:id:peshe_momo:20180614193940j:image

相生なう。

 

夕焼けを眺めながら、近所のマクドでテイクアウトしたものを食べました。

なんだか学生に戻った気分です。

買ったのは、現在期間限定で販売中の裏ダブルチーズバーガー、そしてシャカチキと普通のハンバーガーの3品です。

 

さて、まずは裏ダブルチーズバーガーですが…

http://www.mcdonalds.co.jp/quality/sp/menu_info.php?mid=6410

ガーリックペッパーソーセージなるものが、味にアクセントを添えています。

ピリッと胡椒がきいていて、なかなか乙です。

 

続いて、ハンバーガーとシャカチキです。

筆者が学生だった時、とある友人がこう言いました。

 

チキンフィレオ頼むより、ハンバーガーとシャカチキ頼んで、自分で挟む方が安くてうまい!」

「このハンバーガーを、"ミラクルバーガー"と名付けたり」

 

f:id:peshe_momo:20180614194800p:image

 

当時、斜に構え気味だった筆者は、友人の演説に上記のような反応だったわけですが、いざミラクルバーガーを試してみると…

 

f:id:peshe_momo:20180614195010j:image

 

となり、狂ったようにミラクルバーガーを食べまくったのでした。

社会人になってからはそもそもファストフードを食べる機会が減って、もう何年もマクドを口にしていませんでした。

 

今回、久しぶりにミラクルバーガーを解禁してみました。

f:id:peshe_momo:20180614195238j:image

おっさんの食いさし@誰得な画像…

 

さて、久しぶりのミラクルバーガーはというと…

若者向けの、ガッツリ飯だなぁ。

という印象でした。

 

アラサーになり、食も細くなりました。

そんなおっさんには、少しヤングすぎると感じた今日この頃。

 

おっさんらしく、魚でも食ってろということか。