Toyota AURIS 関西を駆ける!

関西のドライブ記録

鳥取に行って、砂丘はスルー

2018/06/17(日)

 

標題の通り、鳥取へ行きました。

これまた標題の通り、砂丘は行きませんでした。

もう何度も行ってますしおすし。

 

鳥取に行くには、昔は国道29号で戸倉峠越えが一般的でしたが、昨今は鳥取道が開通し便利になりました。

無料通行区間の作用平福ICまで下道で、その後鳥取道で鳥取西ICまで行きます。

f:id:peshe_momo:20180617190329j:image

道の駅ひらふくで小休止。

手洗いは古めの設備なのが気になる。

 

鳥取到着後、国道9号を西進し白兎神社に向かいます。

f:id:peshe_momo:20180617190633j:image

神社横のローソンで買い出し。

f:id:peshe_momo:20180617190658j:image

f:id:peshe_momo:20180617190712j:image

f:id:peshe_momo:20180617190725j:image

"因幡の白兎"伝説で登場する白兎が祀られた神社です。

伝説の仔細はwikipedia古事記の考察サイトでどーぞ。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/因幡の白兎

 

伝説の要点をあげると、次の通り。

大国主神(出雲大社祭神)が嫁探し(八上比売(八上姫とも))に行く

・途中で困っているウサギに会う(このウサギは、自身の"イキリ"が祟り、イキった相手にボコボコにされてピクピク状態だったところを大国主神に助けられる)

・助けられたウサギ曰く「あなたの求め女とは相思相愛の関係になるでしょう」

大国主神の嫁探しは予定通り終了

 

といった展開から、日本最古の縁結びなどと言われており、このウサギが祀られた神社はその経緯から縁結びの神社として知られる。

 

私的に、このウサギはずっこい狡猾な奴、という印象しかないので、縁結びに紐づけるのはちょっと強引では?と思うのですが、古事記が出典ということもあり、元祖を名乗らせれば右に出るものはいませんね。

 

縁結びに所縁がある神社は、貴船神社や京都月読神社などが有名ですが、一度趣向を変えてみたい場合は、白兎神社を訪れてみてはどうでしょうか。

 

f:id:peshe_momo:20180617192536j:image

f:id:peshe_momo:20180617192549j:image

f:id:peshe_momo:20180617192601j:image

神社前は日本海を一望できる。

 

f:id:peshe_momo:20180617192631j:image

f:id:peshe_momo:20180617192644j:image

f:id:peshe_momo:20180617192726j:image

先のローソンで買い出ししたカップ麺を調理@鳥取

 

写真の通り、今回はバイクです。

yamaha majesty sという台湾製の150ccスクーターです。

小回りがきいて自動車専用道路も走れる便利な奴です。

帰路は鳥取道を南下しました。

 

f:id:peshe_momo:20180617192929j:image

f:id:peshe_momo:20180617193144j:image

帰路の途中、立派なお城が見えたので急遽立ち寄ることに。

原城(正式には丸山城らしいが、同名の城が鳥取に複数あるため、区別のために名称変更)という城で、羽柴秀吉鳥取の山名豊国を攻める際に築城した、と言われる。

 

どうも近世になってから復元されたものらしく、当時の城を再現したわけではない模様。

城内の観覧は有料。

上記の経緯もあり、興味をなくした筆者は観覧せず立ち去りました。

 

f:id:peshe_momo:20180617193938j:image

道の駅あわくランドで休憩。

大型バイクがいっぱい。自分のバイクのちっささに唖然…

大型欲しいよう…

 

f:id:peshe_momo:20180617194108j:image

あわくランド南方の大原宿。

昔の宿場のようです。

本陣以外に、立ち寄りどころはなさそう。

https://goo.gl/maps/JVqSbpchduF2

 

f:id:peshe_momo:20180617194350j:image

3時ごろ帰宅。

丸美屋の黒麻婆で夕食。